コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩子島 いわしじま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩子島
いわしじま

広島県南東部、尾道(おのみち)市に属す島。面積2.45平方キロメートル。御幸(みゆき)瀬戸を隔てて向島(むかいしま)西部にあり、向島とは向島大橋で結ばれ、さらに向島―尾道間の尾道大橋と瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)の新尾道大橋によって本土とは陸続きである。ミカン栽培が盛んであったが衰退し、現在は野菜作りが主産業で、とくにワケギが特産品となっている。海水浴場、キャンプ場があり、観光客が多い。人口795(2000)。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩子島の言及

【向島[町]】より

…人口1万7616(1995)。尾道水道を隔てて尾道市の向いにある向島の西の過半部と,その西に浮かぶ岩子(いわし)島とからなる。向島は古代の歌島(うたのしま)郷(《和名抄》)の地に比定され,中世には大炊寮(おおいりよう)領歌島荘となっており,塩年貢を納めていた。…

※「岩子島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩子島の関連キーワード向島(広島県、旧町名)向島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android