コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾道大橋 おのみちおおはし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾道大橋
おのみちおおはし

広島県尾道市と対岸の向島を結ぶ有料橋。橋梁部全長 446m。 1965年着工,68年開通。この建設により,向島は本土と陸続きになり,島内の各種産業の発展のみならず,尾道市を含む地域開発に多大の貢献をなすこととなった。西瀬戸自動車道 (尾道・今治ルート) の本州側から最初の橋にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾道大橋
おのみちおおはし

広島県南東部、尾道市と向(むかい)島間の尾道水道に架かる橋。1965年(昭和40)着工、1968年完成し、総事業費15億円余を要した。橋長446メートル、水面からの高さ約40メートル。橋の型は斜長橋といい、橋の中心の塔から太いワイヤで橋桁(はしげた)を支える工法を用いた。隣接して、本州四国連絡橋尾道―今治(いまばり)ルート(西瀬戸自動車道=瀬戸内しまなみ海道)をなす新尾道大橋(1999年完成)が架かる。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尾道大橋の関連キーワード向島(広島県、旧町名)向島(広島県、島)本州四国連絡橋広島県尾道市向島(広島)尾道(市)岩子島

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾道大橋の関連情報