コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手・母娘殺害 いわてははこさつがい

知恵蔵の解説

岩手・母娘殺害

岩手県洋野町の会社員女性(当時52)と、会社員の次女(当時25)の2人の行方がわからない、と2006年7月22日、親族が岩手県警久慈署に届けた。自宅の和室で血痕が見つかり、拭き取られた跡があった。2人は勤務先の会社を19日夕に出てから消息が不明になっており、県警は事件に巻き込まれたとみて捜査。現場近くに止まっていた不審車から、青森県八戸市の塗装業の男(当時29)を割り出し、事情を聴いたところ、盗み目的で母娘宅に侵入し殺害後、2人を遺棄したことを認めた。県警は25日未明に男を逮捕した。母親の遺体は同日未明、自宅から約5km離れた山林で、次女の遺体はその近くで同日午後に見つかった。2人とも首を絞められて窒息死したとみられ、男は殺害も認め、強盗殺人などの罪でも追起訴された。

(緒方健二 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android