コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被衣 かつぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被衣
かつぎ

かづき,きぬかずきともいう。平安時代以降,公家や武家の女性が外出時に頭からかぶって用いた (ひとえ) 。かぶることを古語でかづくといい,かづく服であるので衣という。 11世紀以降女性の外出には素顔を見せないのが普通となり, (きぬ) の裾をはしょる裾かづき,あるいは衣を頭の上にかづく衣かづきの姿が『扇面古写経下絵』などに描かれ,13世紀には被衣姿や壺装束旅姿を意味した。のち衣に代って小袖をかづく小袖かづきが出現し,小袖の表衣化,礼服化に伴って,16世紀後半には民間の富裕階級の外出着ともなった。『昔々物語』に「明暦の頃まで針妙腰元かつぎを戴きありきしに,万治の頃より江戸中かづき透 (すき) と止み,酉年大火事以後より此事断絶に及びしなり」とあり,また『嬉遊笑覧』には「昔は後世の如くかつぎとて別につくりしにはあらずと見ゆ。もと常服を着たりしたるべし」とある。明治以後は祝儀の際などに一般にも着用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

被衣【かずき】

かつぎとも。女性が外出時に顔を隠すため頭からかぶった衣。この風習が起こった中世初期には多く単(ひとえ)の衣が便宜的に用いられ,この姿を衣被(きぬかずき)と呼んだ。
→関連項目市女笠壺装束

被衣【かつぎ】

被衣(かずき)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かずき【被衣】

〈かつぎ〉ともいい,〈かづき〉とも訓じる。女子が外出するときにベール面紗(めんしや)などで顔を隠す習慣は,インドイラントルコなどの東方諸国をはじめ,西ヨーロッパにも古くから見られるが,日本においては中世以降,衣を頭からかぶる風習が起こった。はじめは多く単(ひとえ)の衣を便宜上用いていたようであるが,近世にはいって女子の結髪が大きくなると,とくに頭にかぶるためのみの目的をもって作られた被衣があらわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の被衣の言及

【被り物】より

…この時代武士は,藺を綾編みして頭部をとがらせた綾藺笠を,女子は大型の浅い菅の市女(いちめ)笠を広く着用した。また女子では,日よけ雨よけを兼ねた垂衣(たれぎぬ)や,外出用で顔を隠す被衣(かずき)なども行われた。室町時代の被り物はだいたい前代の継承で,男子では烏帽子,藺や菅の笠,女子では市女笠と,白や黒の布を使った手ぬぐいかぶりの系統の桂包(かつらづつみ)が用いられた。…

※「被衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

被衣の関連キーワード名数/ものの数え方の例(助数詞)被衣初め・被衣初被衣(かずき)被衣(かつぎ)被衣初め婚礼衣装被衣ぞめ虫の垂衣被り物綿帽子業平餅因幡堂被き物角隠し埋み岩橋懸帯覆面喪服服装

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被衣の関連情報