コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米の岩橋 クメノイワバシ

デジタル大辞泉の解説

くめ‐の‐いわばし〔‐いはばし〕【久米の岩橋】

役(えん)の行者が大和の葛城山から吉野金峰山(きんぷせん)まで架け渡そうとしたという伝説上の橋。葛城の神が夜間しか働かなかったために完成しなかったという。多く和歌で男女の契りが成就しないことのたとえとされる。[歌枕
「葛城や渡しもはてぬものゆゑに―苔(こけ)生ひにけり」〈千載・雑上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くめのいわばし【久米の岩橋】

葛城かつらぎの神が葛城山から吉野の金峰山きんぷせんにかけ渡そうとして完成しなかったという、伝説上の岩の橋。久米路くめじの橋。久米の継橋。⦅歌枕⦆ 「かづらきやわたしもはてぬ物ゆゑに-苔おひにけり/千載 雑上」 → 葛城の神
男女の契りが成就しないことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

久米の岩橋の関連キーワード金峰山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android