コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩泡組織 がんぽうそしきlithophysae texture

岩石学辞典の解説

岩泡組織

空洞のある球顆で流紋岩や黒曜石などに見られる.共心的な殻層からなり,その間に中空の部分を有する球顆をいう.これはガスの泡で膨張したことによっている.放射状のものも同心円状のものもあり,内部の空洞を同心円の層状の殻が取り巻き放射状の隔壁に貫かれている球顆がある[Richthofen : 1860,渡辺編 : 1935, 片山ほか : 1970].ギリシャ語のlithosは石,physallisは浮き袋,気胞をいう.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone