岩泡組織(読み)がんぽうそしき(英語表記)lithophysae texture

岩石学辞典の解説

岩泡組織

空洞のある球顆で流紋岩黒曜石などに見られる.共心的な殻層からなり,その間に中空の部分を有する球顆をいう.これはガスの泡で膨張したことによっている.放射状のものも同心円状のものもあり,内部の空洞を同心円の層状の殻が取り巻き放射状の隔壁に貫かれている球顆がある[Richthofen : 1860,渡辺編 : 1935, 片山ほか : 1970].ギリシャ語のlithosは石,physallisは浮き袋気胞をいう.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android