コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩波新書 いわなみしんしょ

世界大百科事典内の岩波新書の言及

【新書】より

…新書判の寸法はJIS規格(日本工業規格)外なので一定しないが,173mm×106mmが標準である。新書という名称は,イギリスのペリカン・ブックス(ペンギン・ブックス)に範をとり,1938年に岩波書店が創刊した〈岩波新書〉に由来する。〈岩波新書〉は,〈岩波文庫〉をはじめとする文庫が,すでに古典としての声価を確立した作品を収録していたのに対し,斎藤茂吉《万葉秀歌》,三木清《哲学入門》,吉田洋一《零の発見》,吉川幸次郎・三好達治《新唐詩選》など,同時代に属する筆者による書下ろしを中心に,〈現代人の現代的教養〉を追求する,いわゆる教養書としての性格を備え,分量も手ごろで廉価なこともあって,学生,知識人を中心に安定した読者を獲得した。…

※「岩波新書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩波新書の関連キーワード深沢晟雄(1905〜65年)赤光(しゃっこう)日清通商航海条約シーグフリードヒューバーマン岩波書店[株]バーチェットペンギン叢書タコツボ文化おあむ物語久保寺逸彦トリニール日韓議定書社会言語学吉野源三郎ストロングササラ文化マルティネ山辺健太郎坂口謹一郎

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩波新書の関連情報