コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢内原忠雄 やないはらただお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢内原忠雄
やないはらただお

[生]1893.1.27. 今治
[没]1961.12.25. 東京
経済学者。 1917年東京大学卒業。住友総本店に入社したが,20年母校の経済学部助教授。欧米留学後,23年教授となり植民政策を講じた。 37年『中央公論』に発表した論文「国家の理想」の反軍・反戦思想が問題となり大学を辞職,第2次世界大戦後の 45年 11月大内兵衛らとともに母校に復帰,51~57年2期にわたって東京大学総長をつとめる。学生時代より内村鑑三に私淑し,聖書研究会,雑誌『嘉信』などを通じて反戦平和を説き続けた。主著『帝国主義下の台湾』 (1937) ,『南洋群島の研究』 (35) ,死後『矢内原忠雄全集』 (29巻,63~65) が刊行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やないはら‐ただお〔‐ただを〕【矢内原忠雄】

[1893~1961]経済学者。愛媛の生まれ。東大教授。植民政策を研究し、昭和12年(1937)戦争政策を批判して教授の職を追われ、第二次大戦後復帰。のち、東大総長。無教会派キリスト教伝道者として著名。著「帝国主義下の台湾」「嘉信」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

矢内原忠雄【やないはらただお】

経済学者。愛媛県出身。はじめ新渡戸稲造,次いで内村鑑三に私淑し,無教会主義クリスチャンとなる。東大卒後,1923年母校の教授となり,人道主義的・キリスト教的立場から植民政策を講じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢内原忠雄 やないはら-ただお

1893-1961 大正-昭和時代の経済学者。
明治26年1月27日生まれ。矢内原伊作の父。新渡戸(にとべ)稲造や内村鑑三の影響をうけ無教会派クリスチャンとなる。大正12年母校東京帝大の教授。植民地政策を担当し,昭和12年論文「国家の理想」が反戦的とされ辞職(矢内原事件)。13年雑誌「嘉信」を発行。26年東大総長。昭和36年12月25日死去。68歳。愛媛県出身。著作に「帝国主義下の台湾」「聖書講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やないはらただお【矢内原忠雄】

1893‐1961(明治26‐昭和36)
経済学者,キリスト教伝道者,教育家。愛媛県出身。一高,東京帝大卒業後,住友別子鉱業所に勤務,1920年東京帝大経済学部助教授に就任。欧米留学後教授として植民地政策を担当。一高時代新渡戸稲造,ついで内村鑑三に私淑し,無教会主義の信仰に生きることになった。彼は植民地政策論で植民地の実態調査により,被統治者の抑圧や収奪状況を明らかにしてその改善を唱え,そこに聖書のいう正義と公平を反映させた。32年満州調査旅行中の劇的体験によりキリスト教伝道を決意し,月刊《通信》(1932‐37)を刊行,やがて聖書講義の集会を開催。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やないはらただお【矢内原忠雄】

1893~1961) 経済学者・教育家。愛媛県生まれ。1937年(昭和12)に反戦思想のかどで言論弾圧を受け東大教授を辞職。第二次大戦後東大に復帰、51年総長。無教会派伝道者としても著名。著「帝国主義下の台湾」「イエス伝」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の矢内原忠雄の言及

【アイルランド問題】より

…これらの資料作成の背景には,朝鮮の三・一独立運動への対応という実際的な必要もあったといえる。一方,植民地主義批判としては,下田将美《愛蘭革命史》(1923)や矢内原忠雄の論文《アイルランド問題の発展》(1927)などがある。特に矢内原はアイルランド問題を民族独立と社会主義の問題として認識している。…

【神曲】より

…そして〈天国篇〉が,若き日の詩人の見神の体験を踏まえた《新生》と同工異曲である点にも留意して,《神曲》全体を寓意としての〈愛〉の表出ととらえねばならないであろう。邦訳には1914‐22年の山川丙三郎による訳業以来,平川祐弘,寿岳文章らの労作があり,第2次大戦中の最も困難な時代に深く傾倒して《神曲》を語ったものに矢内原忠雄の《土曜学校講義》3巻(1968‐72)がある。【河島 英昭】。…

【太平洋戦争】より

… これに対し,知識人を中心とする個人的抵抗にはさまざまな類型があった。消極的抵抗としては,社会主義者の荒畑寒村らのような完全沈黙,作家の谷崎潤一郎や永井荷風,東大教授で政治学者の南原繁らのような非便乗の良心的活動があり,積極的抵抗には,弁護士正木ひろし(個人雑誌《近きより》発行),元東大教授で経済学者の矢内原忠雄(個人雑誌《嘉信》発行)らのような合法的抵抗,奔敵・逃亡などによる軍隊拒否,日本共産党幹部の徳田球一志賀義雄らやキリスト教徒で灯台社日本支部の明石順三らのような獄中抵抗,政治学者大山郁夫,俳優岡田嘉子,日本共産党野坂参三らのような国外での反戦活動があげられる。彼らの抵抗は,現実を動かす実効という点では弱く微力であったが,これらの人々の多くが,敗戦後の民主化された日本社会のなかで大きな足跡を残したことは,特筆されるべき事実であった。…

【ダンテ】より

… ダンテの作品は,約言すれば,政治と文学との激しい葛藤のなかで生み出された。日本においては,明治時代から《新生》と《神曲》を中心に,かなりの翻訳と紹介が行われてきたが,その傾向を大別すると,第1は上田敏を頂点とする純文学的動機によるもの,第2は内村鑑三,正宗白鳥ら宗教的関心に基づくもの,第3は阿部次郎が築こうとした哲学的・倫理的傾向のもの,そして第4にダンテの文学を政治と文学の葛藤の角度から(とくに第2次世界大戦下の日本の状況と照らし合わせて)とらえようとしたもの(矢内原忠雄,花田清輝,杉浦明平ら)となる。《神曲》の翻訳としては,文章表現と文体に問題は残るが,最も原文に忠実で正確なものとして,山川丙三郎訳を挙げねばならない(1984年現在)。…

【矢内原事件】より

…1937年,矢内原忠雄が思想的理由で大学を辞職させられた事件。東京帝大経済学部教授矢内原忠雄は,日中全面戦争開始に当たり戦争批判の論文《国家の理想》を《中央公論》(1937年9月号)に執筆したが,同論文は検閲で削除処分に付せられた。…

※「矢内原忠雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

矢内原忠雄の関連キーワードホブソン(John Atkinson Hobson)クロムウェル(Oliver Cromwell)天皇機関説事件と戦前の大学への言論弾圧事件武士道(新渡戸稲造の著作)武士道(武士の道義的精神)アイルランド自治問題憲法問題研究会舞出 長五郎矢内原 伊作花村 仁八郎矢内原 忠雄内村 鑑三ポポロ事件長与 又郎藤田 若雄原理日本社蓑田 胸喜浅見 仙作反戦運動イエス伝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢内原忠雄の関連情報