小倉金之助(読み)おぐらきんのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小倉金之助
おぐらきんのすけ

[生]1885.3.14. 酒田
[没]1962.10.21. 東京
数学者,科学史家。東京物理学校卒業 (1905) ,新設の東北大学理学部数学科の助手 (11) ,理学博士 (16) 。大阪に新設された塩見理化学研究所に移り (17) ,同研究所所長 (25) 。 1937年上京し,主として科学史関係の研究著作に従事。最大の業績は,唯物史観に基づく数学史の研究である。 29~30年に出した『算術社会性』『階級社会の算術』などの論文は,この分野で国際的に最も早いものであり,日本における科学史研究の発展に大きく貢献した。第2次世界大戦後民主主義科学者協会会長 (46~50) ,日本科学史学会会長 (48~62) 。数学史,数学教育,科学論などの主要著作は『小倉金之助著作集』 (全8巻,73~75) にまとめられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

小倉金之助【おぐらきんのすけ】

数学者。山形県酒田の生れ。東京物理学校(現東京理科大学)を出て家業(回漕(かいそう)問屋)に従いながら数学を独学。1911年東北大学助手,1917年塩見理化学研究所員,1925年同所長。1937年辞職して東京に移り,著作に従事。数学教育,数学史にすぐれた業績をあげた。戦後は民主主義科学者協会,日本科学史学会等の会長を歴任。
→関連項目ペリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉金之助 おぐら-きんのすけ

1885-1962 大正-昭和時代の数学者,数学史家。
明治18年3月14日生まれ。大正6年大阪医大(現阪大医学部)教授,14年同大付設塩見理化学研究所所長。数学教育の大衆化につくし,民主主義科学者協会初代会長,日本科学史学会長などを歴任した。昭和37年10月21日死去。77歳。山形県出身。東京物理学校(現東京理大)卒。著作に「数学教育史」「数学史研究」「近代日本の数学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おぐらきんのすけ【小倉金之助】

1885‐1962(明治18‐昭和37)
数学者,数学教育家,科学史家。科学史と数学教育について優れた論文を多数発表した。山形県酒田の回漕問屋の長男として生まれたが,家業を継がず,学者への道へ進む。東京物理学校卒業後,東京帝国大学理学部化学選科へ進むが半年で退学。後に林鶴一に認められ,東北帝国大学創立時に林の助手となる。微分幾何の研究により私学出身者として初めて理学博士の学位取得(1916)。大阪医科大学付属の塩見理化学研究所の所長となる(1917)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おぐらきんのすけ【小倉金之助】

1885~1962) 数学者。山形県生まれ。東京物理学校卒。数学教育とともに科学史研究に貢献。著「数学史研究」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小倉金之助
おぐらきんのすけ
(1885―1962)

数学者。山形県酒田の回漕(かいそう)問屋の家に生まれる。1905年(明治38)東京物理学校(現、東京理科大学)を卒業。その後、郷里で家業に従うかたわら数学を独習し、1911年東北帝国大学の助手となった。1917年(大正6)大阪に移り、塩見理化学研究所の研究員、のちその所長となった。1937年(昭和12)研究所を辞し、東京に移り、著作に専念した。1940~1943年東京物理学校理事長。第二次世界大戦後は民主主義科学者協会、日本科学史学会などの会長を務めた。
 初期の研究は数学に関するものであり、とくに物理と数学との境界領域における諸論文が知られている。中期は数学教育と実用数学についての仕事が多く、『数学教育の根本問題』(1924)、『統計的研究法』(1925)などが他の研究者、教育者に与えた影響は大きい。後期は数学史に関する仕事が中心となり、それについての論文をまとめた『数学史研究』第1集(1935)、同第2集(1948)はよく知られている。これらのほか『カジョリ初等数学史』の翻訳(1928)や『数学教育史』(1932)なども重要な業績である。[大矢真一]
『小倉金之助著『一数学者の肖像』(1956・社会思想社) ▽小倉金之助著『一数学者の回想』(1967・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小倉金之助の言及

【科学史】より

…それは一つには,和算という比較的輪郭も性格も明確な,しかも日本に独自といってよい知識体系が存在していたことにもよる。すでに遠藤利貞の《大日本数学史》などの仕事があったうえに,三上義夫のように当初から海外に発表の舞台を求めた数学史研究(《日本数学史》,D.E.スミスと共著)が花開いており,小倉金之助の一連の仕事も含めて,単に海外の学問の紹介ではなく,すでに,独自の内容をもつ研究が進められていた。また1910年代から科学啓蒙活動や科学論に対する関心が生まれ,啓蒙誌《現代之科学》が刊行(1913)されたり,田辺元の《科学概論》(1918)が現れ,22年のアインシュタインの来日によってこうした傾向は頂点を迎える。…

【和算】より

…遠藤の没後これを三上義夫(1875‐1950)が増補訂正して《増修日本数学史》(1918)にまとめた。和算史の研究は,林鶴一(はやしつるいち)(1873‐1935),小倉金之助(1885‐1962),藤原松三郎(1881‐1946),細井淙(1901‐61)その他により続けられている。【下平 和夫】。…

※「小倉金之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小倉金之助の関連情報