コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩津ねぎ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

岩津ねぎ[葉茎菜類]
いわつねぎ

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
朝来市で製作されている。江戸時代、生野銀山の役人が京都からねぎの種子を持ち帰って栽培したのが始まりという。根深ねぎと葉ねぎの兼用種。耐寒性に優れ、葉・軟白部とも余すところなく食べられる。ひょうごの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

岩津ねぎの関連キーワード兵庫県朝来市近畿地方

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android