コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩阪恵子 いわさか けいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩阪恵子 いわさか-けいこ

1946- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和21年6月17日生まれ。清岡卓行(たかゆき)の妻。詩から小説に転じ,昭和61年「ミモザの林を」で野間文芸新人賞。平成4年評伝「画家小出楢重の肖像」で平林たい子文学賞。6年「淀川にちかい町から」で芸術選奨。8年木山捷平の文学と生涯をたどる「木山さん,捷平さん」を刊行。12年「雨のち雨?」で川端康成文学賞。奈良県出身。関西学院大卒。本名は清岡恵子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩阪恵子の関連キーワードキング・クリムゾンマキノ雅広イタリア映画新藤兼人新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android