川端康成文学賞(読み)カワバタヤスナリブンガクショウ

デジタル大辞泉「川端康成文学賞」の解説

かわばたやすなり‐ぶんがくしょう〔かはばたやすなりブンガクシヤウ〕【川端康成文学賞】

川端康成を記念して昭和49年(1974)に創設された文学賞本人ノーベル文学賞賞金を基金とし、川端康成記念会が主催。年に1回、優れた短編小説に対して贈られる。第1回受賞作品は上林暁の「ブロンズ」。平成31年(2019)休止

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android