コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸光景 きし こうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸光景 きし-こうけい

1839-1922 明治時代の図案家。
天保(てんぽう)10年9月15日生まれ。父岸雪にまなび,土佐派,琳派(りんぱ)などの影響もうける。内務省,大蔵省の製図掛となり,図案の改良にあたる。石川県や京都などの陶業・漆業地で図案を指導し,香川県に工芸学校を設立するなど,美術工芸の振興につくした。帝室技芸員。大正11年5月3日死去。84歳。江戸出身。号は無宗。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岸光景の関連キーワード植松 包美神坂雪佳植松包美明治時代天保

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android