コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸光景 きし こうけい

1件 の用語解説(岸光景の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸光景 きし-こうけい

1839-1922 明治時代の図案家。
天保(てんぽう)10年9月15日生まれ。父岸雪にまなび,土佐派,琳派(りんぱ)などの影響もうける。内務省,大蔵省の製図掛となり,図案の改良にあたる。石川県や京都などの陶業・漆業地で図案を指導し,香川県に工芸学校を設立するなど,美術工芸の振興につくした。帝室技芸員。大正11年5月3日死去。84歳。江戸出身。号は無宗。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸光景の関連キーワードタンジマートブラジル文学新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧宮嶋資夫宗谷本線日本共産党

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸光景の関連情報