コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸盛一 きし せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸盛一 きし-せいいち

1908-1979 昭和時代の裁判官。
明治41年7月14日生まれ。昭和6年司法官試補となり,刑事裁判官の道をあゆむ。戦後,最高裁刑事局長,東京高裁長官,最高裁事務総長などをへて,46年最高裁判事。労働・公安事件にきびしい態度でのぞむ一方,「うたがわしきは被告人の利益に」という白鳥決定にかかわり再審の道をひろげた。昭和54年7月25日死去。71歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岸盛一の関連キーワード沖縄密約暴露事件昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android