岸部瓦窯址(読み)きしべがようし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸部瓦窯址
きしべがようし

大阪府吹田(すいた)市小路、吉志部(きしべ)神社境内に所在する。紫金山(しきんざん)瓦窯跡ともよばれ、平安宮に供給した瓦窯跡として知られ、ことに緑釉瓦(りょくゆうがわら)の出土があって、古くから研究者の注目するところであった。1968年(昭和43)大阪府教育委員会によって発掘調査が実施された。その結果、丘陵斜面上段に4口の登窯(のぼりがま)と、下段に9口の平窯跡が確認された。ここでの生産屋瓦は平安宮造営時の初期に供給された。吉志部瓦窯跡として71年国史跡に指定されている。[大川 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android