コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸雪圃 きし せっぽ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸雪圃 きし-せっぽ

?-? 明治時代の陶画工。
明治6年(1873)のウィーン万国博覧会に出品のため,菅蒼圃(すが-そうほ)・服部杏圃(きょうほ)両主幹の下に招集され,有田や瀬戸などでやかれた素地(きじ)に絵付けした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岸雪圃の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android