コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸静江 きし しずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸静江 きし-しずえ

1836-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年5月生まれ。石見(いわみ)(島根県)浜田藩士。藩主松平武聡(たけあきら)の近習。慶応2年第2次幕長戦争の際,藩境守備のため出動し,6月16日石州口関門で進攻してくる長州軍に単身たちむかい,撃たれて死亡した。31歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は国治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岸静江

没年:慶応2.6.16(1866.7.27)
生年天保7(1836)
幕末の石見浜田藩(島根県)藩士。第2次長州征討下,征長軍に参加した浜田藩の命により,藩境の扇原関門の守衛に当たる。敗北を予測し配下を去らせ,ひとり接戦,銃弾を受け,床几に座したまま絶命。長州藩兵に手厚く葬られた。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岸静江の関連キーワード没年

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android