コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸静知 きし しずとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸静知 きし-しずとも

?-? 江戸時代中期の国学者。
筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。奏者番。岸正知(まさとも),谷川士清(ことすが)に国学を,西依成斎(にしより-せいさい)に儒学をまなぶ。元文元年(1736)に職を辞した。通称は小左衛門,平兵衛。著作に「かげの小草」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岸静知の関連キーワード国学者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android