コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西依成斎 にしより せいさい

美術人名辞典の解説

西依成斎

江戸後期の儒者。肥後生。名は周行・政固、字は潭明・成斎は号。京都に出て若林弘斎に学ぶ。寛政9年(1797)歿、96才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西依成斎 にしより-せいさい

1702-1797 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)15年閏(うるう)8月12日生まれ。西依墨山(ぼくざん)の養父。京都で小野鶴山(かくざん)の望楠(ぼうなん)軒でまなび,鶴山が若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩にまねかれたあと講主となる。のち小浜藩儒官。寛政9年閏7月4日死去。96歳。肥後(熊本県)出身。名は周行。字(あざな)は潭明。通称は儀兵衛。著作に「論語講義」「中庸師説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西依成斎の関連キーワード赤松助次郎沢田鹿鳴箕浦直彝竹田復斎大村荘助山本日下若林強斎柴野栗山樋口甚蔵北川玄伯富永惟安宮地春樹古賀精里宮田壺隠吉田左春桜木誾斎千家俊信岸静知

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android