コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西依成斎(読み)にしより せいさい

美術人名辞典の解説

西依成斎

江戸後期の儒者。肥後生。名は周行・政固、字は潭明・成斎は号。京都に出て若林弘斎に学ぶ。寛政9年(1797)歿、96才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西依成斎 にしより-せいさい

1702-1797 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)15年閏(うるう)8月12日生まれ。西依墨山(ぼくざん)の養父。京都で小野鶴山(かくざん)の望楠(ぼうなん)軒でまなび,鶴山が若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩にまねかれたあと講主となる。のち小浜藩儒官。寛政9年閏7月4日死去。96歳。肥後(熊本県)出身。名は周行。字(あざな)は潭明。通称は儀兵衛。著作に「論語講義」「中庸師説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android