コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸正知 きし まさとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸正知 きし-まさとも

?-1754 江戸時代中期の国学者。
筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩家老。跡部良顕(あとべ-よしあきら),岡田正利に神道と国学を,合原窓南(あいはら-そうなん)に儒学をまなんだ。宝暦4年6月11日死去。本姓は有馬。通称は外記。著作に「百人一首薄紅葉」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岸正知の関連キーワード岸静知国学者

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android