コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸正知 きし まさとも

1件 の用語解説(岸正知の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸正知 きし-まさとも

?-1754 江戸時代中期の国学者。
筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩家老。跡部良顕(あとべ-よしあきら),岡田正利に神道と国学を,合原窓南(あいはら-そうなん)に儒学をまなんだ。宝暦4年6月11日死去。本姓は有馬。通称は外記。著作に「百人一首薄紅葉」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸正知の関連キーワード長沢芦雪(ろせつ)熊川呉敬梓コロンビア大学周期表森羅万象菅江真澄頭光日暮硯ホルベア

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone