島中雄三(読み)しまなか ゆうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島中雄三 しまなか-ゆうぞう

1881-1940 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治14年2月18日生まれ。嶋中雄作の兄。東京法学院(現中央大)にまなぶ。大正8年下中弥三郎が創設した教員組合啓明会の世話人となり,みずからも文化学会を主宰。15年安部磯雄らと社会民衆党を結成し,中央執行委員。昭和4年東京市会議員。満州事変後,国家社会主義に転じ,下中らと新日本国民同盟を結成。東京市政革新同盟幹事となる。昭和15年9月16日死去。60歳。奈良県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android