コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島中雄三 しまなか ゆうぞう

1件 の用語解説(島中雄三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島中雄三 しまなか-ゆうぞう

1881-1940 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治14年2月18日生まれ。嶋中雄作の兄。東京法学院(現中央大)にまなぶ。大正8年下中弥三郎が創設した教員組合啓明会の世話人となり,みずからも文化学会を主宰。15年安部磯雄らと社会民衆党を結成し,中央執行委員。昭和4年東京市会議員満州事変後,国家社会主義に転じ,下中らと新日本国民同盟を結成。東京市政革新同盟幹事となる。昭和15年9月16日死去。60歳。奈良県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島中雄三の関連キーワードブラジル文学新体制運動アレクサンドルアレクサンドルベビン石炭産業ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone