コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶋中雄作 しまなかゆうさく

7件 の用語解説(嶋中雄作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嶋中雄作
しまなかゆうさく

[生]1887.2.2. 奈良
[没]1949.1.17. 熱海
中央公論社発展の基礎づくりをした経営者。早稲田大学哲学科卒業後,1912年 10月中央公論社に入社。滝田樗陰 (ちょいん) のもとで『中央公論』の編集に従事。翌 13年夏期増刊「婦人問題号」の発行を献言して成功,16年『婦人公論』が創刊されると編集長となり,樗陰の死とともに 27年から『中央公論』の編集長も兼任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しまなか‐ゆうさく【嶋中雄作】

[1887~1949]出版業者。奈良の生まれ。中央公論社に入り、雑誌「婦人公論」を創刊。のち、中央公論社社長。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

嶋中雄作【しまなかゆうさく】

出版人。奈良県出身。早大哲学科卒後中央公論社に入り,1916年《婦人公論》を主宰,のち滝田樗陰のあとをうけ《中央公論》の主幹を兼ね,1928年社長に就任。1929年出版部を設けて成功を収めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶋中雄作 しまなか-ゆうさく

1887-1949 大正-昭和時代の出版経営者。
明治20年2月2日生まれ。島中雄三の弟。大正元年「中央公論」編集部にはいり,滝田樗陰(ちょいん)のもとで雑誌編集にあたる。5年「婦人公論」を創刊し,主幹。昭和3年2代社長に就任。出版部を新設し,レマルク「西部戦線異状なし」などで経営を立てなおす。19年政府の圧力で会社解散に追いこまれたが,戦後,再建した。昭和24年1月17日死去。63歳。奈良県出身。早大卒。旧姓は島中。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しまなかゆうさく【嶋中雄作】

1887‐1949(明治20‐昭和24)
出版人。社会運動家島中雄三(1881‐1940)の弟。奈良県に生まれる。1912年早稲田大学哲学科を卒業して中央公論社に入社。滝田樗陰(ちよいん)の下で《中央公論》の編集に従事。16年1月《婦人公論》の創刊を推進して主幹となる。28年麻田駒之助から中央公論社を譲りうけ,社長に就任した。その後,社業を書籍部門にまで発展させたが,太平洋戦争下,その自由主義的編集傾向が弾圧され,44年〈自発的廃業〉を強いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しまなかゆうさく【嶋中雄作】

1887~1949) 出版業者。奈良県出身。早大卒。中央公論社社長。「婦人公論」創刊。「中央公論」主幹。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嶋中雄作
しまなかゆうさく
(1887―1949)

出版人。奈良県に生まれる。早稲田(わせだ)大学文学部哲学科を卒業。1912年(大正1)10月島村抱月(ほうげつ)の紹介で中央公論社に入社、滝田樗陰(ちょいん)主幹の『中央公論』編集部員となる。1916年1月『婦人公論』創刊と同時に初代編集長になり、婦人解放をスローガンとした編集方針でジャーナリズムに登場。1928年(昭和3)初代社長の後継として社長に就任。1929年出版部をつくり、処女出版の『西部戦線異状なし』が大べストセラーになる。これによって、苦境にあった経営を立て直し、滝田時代の経営から組織的な近代的経営への基礎をつくった。第二次世界大戦末期に軍部の圧力で社を解散。1946年(昭和21)1月号の『中央公論』復刊を手始めに社を再建、ふたたび社長に就任した。[清田義昭]
『中央公論社編『嶋中雄作・出版人の遺文』(1968・栗田書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の嶋中雄作の言及

【風にそよぐ葦】より

…太平洋戦争開戦の直前,1941年から戦後の47年までを時代背景として,出版社新評論社を経営するリベラリスト葦沢悠平とその家族の苦難を描く。葦沢は中央公論社の社長であった嶋中雄作をモデルにしており,同社が戦時下にこうむった弾圧(横浜事件)の様相なども書きこまれる。戦後,新評論社に起こった労働争議の場面を通しても,当時の激動する時世がとらえられている。…

※「嶋中雄作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嶋中雄作の関連キーワード今田見信大谷仁兵衛金原作輔北原鉄雄栗田確也国領茂蔵鈴木一平鈴木利貞水品一郎矢部良策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嶋中雄作の関連情報