コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火鞭 かべん

世界大百科事典 第2版の解説

かべん【火鞭】

幸徳秋水,堺利彦らの平民社を中心として生まれた社会主義的青年文学研究会,火鞭会の機関誌。1905年(明治38)9月~06年5月まで9号発行され,《ヒラメキ》に合併。火鞭会発起人の児玉花外,小野有香,山田滴海,山口孤剣中里介山原霞外白柳秀湖のほか,内田魯庵木下尚江徳田秋声などが執筆している。文学作品としては,かならずしも質の高いものばかりとはいえないが,〈批評を以て創作の隷属となすを弾劾し〉として批評のもつ意味を高めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

火鞭の関連キーワード島中 雄三安成 貞雄山口 孤剣中里 介山宮田 暢原 霞外安成貞雄幸徳秋水

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android