コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火鞭 かべん

1件 の用語解説(火鞭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かべん【火鞭】

幸徳秋水,堺利彦らの平民社を中心として生まれた社会主義的青年文学研究会,火鞭会の機関誌。1905年(明治38)9月~06年5月まで9号発行され,《ヒラメキ》に合併。火鞭会発起人児玉花外,小野有香,山田滴海,山口孤剣中里介山,原霞外,白柳秀湖のほか,内田魯庵木下尚江徳田秋声などが執筆している。文学作品としては,かならずしも質の高いものばかりとはいえないが,〈批評を以て創作の隷属となすを弾劾し〉として批評のもつ意味を高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火鞭の関連キーワード中村鑑三直言平民社平民新聞万朝報非戦論管野すが森近運平小島竜太郎橋浦時雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone