島安次郎(読み)しま やすじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島安次郎 しま-やすじろう

1870-1946 明治-昭和時代前期の鉄道技術者。
明治3年8月7日生まれ。島秀雄の父。関西鉄道をへて鉄道院(国鉄前身)工作局にはいる。国有鉄道の機関車の形式統一,自動連結機への切り換え事業を指揮し,局長となり9600形機関車などの設計・製作にあたる。電化をすすめ,広軌論をとなえ,新幹線構想の基礎をきずいた。昭和21年2月17日死去。77歳。和歌山県出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android