コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島秀雄 しまひでお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島秀雄
しまひでお

[生]1901.5.20. 大阪
[没]1998.3.18. 東京,渋谷
機械工学者。東京大学機械工学科卒業 (1925) 。鉄道省に入り,蒸気機関車の設計にあたる。 49年国鉄を退任し,51年住友金属工業入社。 55年国鉄に復職し,国鉄技師長 (55~63) として東海道新幹線立案,建設。 64年国鉄を退任。 69年宇宙開発事業団の初代理事長に就任。 77年の退任後も同事業団や科学技術庁の顧問をつとめた。 1969年文化功労者に選ばれ,94年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島秀雄 しま-ひでお

1901-1998 大正-平成時代の鉄道技術者。
明治34年5月20日生まれ。大正14年鉄道省にはいり,D51などの蒸気機関車の設計を手がける。昭和30年国鉄理事・技師長となり,東海道新幹線開発の責任者をつとめ,新幹線生みの親といわれる。44年宇宙開発事業団初代理事長。同年ジェームズ-ワット国際ゴールドメダル。平成6年文化勲章。平成10年3月18日死去。96歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「D51から新幹線まで―技術者のみた国鉄」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島秀雄
しまひでお
(1901―1998)

東海道新幹線建設の中心となった技術者。大阪府生まれ。1925年(大正14)東京帝国大学工学部機械工学科卒業後、鉄道省に入省し、国鉄(現、JR)の動力近代化を推進。1955年(昭和30)国鉄理事技師長に就任し、東海道新幹線の実現に尽力した。1969~1977年宇宙開発事業団(現、宇宙航空研究開発機構)理事長を経て、同事業団顧問に就任。1960年毎日工業技術賞、1965年朝日賞、1969年ジェームズ・ワット国際ゴールドメダルを受賞。同年文化功労者、1971年勲一等瑞宝章、1994年(平成6)文化勲章を受章。[編集部]
『高橋団吉著『新幹線をつくった男 島秀雄物語』(2000・小学館/PHP文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

島秀雄の関連キーワード吉岡 隆徳細川泉一郎十河 信二島安次郎田口卯吉吉岡隆徳株式市場東京駅

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android