コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国有鉄道 コクユウテツドウ

4件 の用語解説(国有鉄道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくゆう‐てつどう〔コクイウテツダウ〕【国有鉄道】

国家が所有し経営する鉄道。
日本国有鉄道」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくゆうてつどう【国有鉄道】

国の所有する鉄道。19世紀半ばのイギリスに登場した鉄道は,運河や馬車輸送にあきたらなかった産業資本家が,互いに資金を調達して設立した鉄道会社によって建設された。この投資は十分に引き合うものであったから鉄道建設ブームを引き起こし,1914年までに大小170の鉄道会社が設立され,営業線延長は4万7000kmを超えた。この事例にみられるように,ヨーロッパアメリカでは民間資本の手によって鉄道建設が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくゆうてつどう【国有鉄道】

国家が所有し経営する鉄道。
「日本国有鉄道」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国有鉄道
こくゆうてつどう

一般には国家の所有・管轄下に置かれる鉄道。企業形態としては、政府直営、政府出資の特殊法人による経営などさまざまな形態がある。民有・民営方式で創業したヨーロッパ各国の鉄道は、19世紀末から20世紀にかけて国有化するものが増加した。日本では創業当初から官設・官営の方式をとり、1869年(明治2)に東京―神戸間の幹線建設の方針を決定した。72年には新橋―横浜間、74年には大阪―神戸間を開業したが、資金の不足から幹線建設は停滞し、81年日本鉄道会社が設立され、民営鉄道による建設が開始された。このころから官設・官営の鉄道は官設鉄道、民設・民営の鉄道は私設鉄道(私鉄)とよばれるようになった。89年には新橋―神戸間が全通したが、この年私設鉄道の営業キロ数は官設鉄道のそれを凌駕(りょうが)した。官設鉄道は90年に特別会計制度を実施、92年の鉄道敷設法公布によって鉄道建設についての政府の主導権を確立、1900年(明治33)の鉄道営業法、私設鉄道法その他の法規により、官・私鉄道の営業、施設にわたる規格化を推進した。主要私設鉄道の国有化は1890年代から唱えられたが、以上のような政府の主導権確立を経て、日露戦争中から具体化し、日露戦争後の経済・軍事体制強化方策確立の一環として、1906年に鉄道国有法が公布され、翌年までに主要私鉄17社が国有化された。
 このときから官設鉄道の呼称は国有鉄道(国鉄)と改められ、幹線網、連絡航路の整備・改良が進んだ。1920年(大正9)鉄道省が設置され、幹線改良・電化、地方線の建設が進み、技術の進歩と卓抜した営業方針で世界恐慌を乗り切った。しかし、第二次世界大戦の戦時輸送と戦災で大きい被害を受け、戦後の占領体制の下で、49年(昭和24)公共企業体日本国有鉄道への移行が強制された。国有鉄道はこの体制によって老朽施設の取り替えに始まり、動力近代化をはじめ、特急・新幹線などの幹線輸送の改善、通勤輸送力の増強などを実現した。しかし、自主的な経営における当事者能力に対する制約、労働問題の深刻化に加えて、自動車、船舶、航空機の進出などにより全輸送量に対する比率は低下、84年度には旅客は約23%、貨物は約5%となり、年間経営損失1兆8193億円、累積赤字約20兆円と財政は破綻(はたん)状態となった。1970年代には数回にわたる財政再建措置、81年度からは財政再建五か年計画が行われたが、いずれも成功せず、87年4月、企業分割・民営化が実施された。その結果、全国で六つの旅客鉄道会社と一つの貨物鉄道会社および新幹線鉄道保有機構に分割、JRと総称されることとなった。[原田勝正]

世界の国有鉄道

先進資本主義国において、鉄道を国が所有し経営することはむしろ例外であって、イギリス、フランス、アメリカなどいずれも民営鉄道として発達した。これらの国では、第二次世界大戦前から自動車の発達により鉄道の独占は崩れ、さらにアメリカを除いて戦争による施設の荒廃が激しく、産業の原動力として重要な役割を果たす鉄道を、民間経営として再建することは困難であった。このためイギリスでは、労働党政権の下で1947年公布の運輸法により、鉄道とその付帯事業、ロンドン旅客運輸公社などが48年から国有化された。63年からはイギリス鉄道公社British Rail(BR)として独立採算制で運営された。しかし93年に保守党政権下でふたたび民営化された。
 フランスでは、1938年に公私混合会社(資本の51%は国、49%は民間)であるフランス国有鉄道会社Socit Nationale des Chemins de fer Franais(SNCF)が設立され、その後しだいに民間資本は償却され、83年から名実ともに国有鉄道として再発足した。
 アメリカは自由主義経済の伝統の強い国であるが、1970年アメリカ最大の鉄道会社ペン・セントラル鉄道が倒産し、関係業界に深刻な影響を与えた。このため71年にアムトラックAmtrak(全米鉄道旅客輸送公社)が設立され、都市間の旅客輸送は国有化された。貨物輸送については76年、北東・中西部を中心にコンソリデーテッド鉄道会社(略称コンレールConrail)が設立された。コンレールも連邦政府の監督の下に経営されたが、97年に東部を地盤とするCSXとノーフォーク・サザン鉄道に分割買収された。
 ドイツではワイマール憲法の下で1920年ドイツ国有鉄道が設立された。その後多額の戦争賠償金支払いのため、経営形態は再編成された。第二次世界大戦後の分割占領により旧西ドイツでは51年にドイツ連邦鉄道Deutsche Bundesbahn(DB)が、旧東ドイツではドイツ国有鉄道Deutsche Reichsbahn(DR)が発足した。しかし1990年のドイツ統一に伴い、ドイツ鉄道Deutsche Bahn(DB)に統一された。[大島藤太郎・原田勝正]
『『大島藤太郎著作集1 国有鉄道の史的発展』(1982・時潮社) ▽雨宮義直「諸外国の鉄道史にみる国有化と現状」(『ジュリスト増刊総合特集31 国鉄』所収・1983・有斐閣) ▽中西健一著『国有鉄道』(1987・晃洋書房) ▽日本国有鉄道編『日本国有鉄道百年史』全19巻・復刻版(1997・成山堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国有鉄道の関連キーワードイギリス革命イギリス東インド会社イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争ベンチャロン有料道路イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国有鉄道の関連情報