コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島小太郎 しま こたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島小太郎 しま-こたろう

?-1948 昭和時代の軍人,インドネシア独立運動協力者。
陸軍の特務情報機関員として南方に派遣される。戦後,インドネシア独立軍にくわわり,スマトラ島アチェ州で日本人とインドネシア人の混成部隊を指揮してオランダ軍とたたかう。昭和23年2月23日手榴弾(しゅりゅうだん)製造中に事故死。静岡県出身。陸軍中野学校卒。本名は岸山勇次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島小太郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android