コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島崎正樹 しまざき まさき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島崎正樹 しまざき-まさき

1831-1886 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)2年5月4日生まれ。島崎藤村の父で,小説「夜明け前」の主人公青山半蔵モデル。信濃(しなの)(長野県)馬籠(まごめ)宿の本陣・庄屋・問屋をかねる家に生まれる。平田篤胤(あつたね)没後の門人となる。維新後,戸長,学事掛をへて,教部省考証課雇員。明治7年天皇の輿(こし)に憂国の歌をかいた扇をなげ,不敬罪にとわれる。岐阜県水無神社宮司となるが,帰郷し19年11月29日死去。56歳。初名は重寛。字(あざな)は禎夫(さちお)。号は璞堂(あらたまのや),静舎,観山楼。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

島崎正樹

没年:明治19.11.29(1886)
生年:天保2.5.4(1831.6.13)
小説『夜明け前』主人公青山半蔵のモデル。島崎藤村の父。名は重寛のち正樹,璞堂,静舎と号す。家は中山道馬籠宿(長野県木曾郡山口村)の本陣,庄屋,問屋を兼ねる。父は重韶。16歳で中津川宿の医師馬島靖庵に国学を学び,文久3(1863)年33歳の時平田篤胤没後の門人となる。明治維新を木曾で迎え,王政復古に期待したが,文明開化の風潮に失望す。また明治2(1869)年から木曾山林の解放運動に奔走するが,5年戸長を免職され家産を傾ける。7年上京し教部省考証課雇となり,翌8年飛騨水無神社宮司となるも志を得ず帰郷。13年明治天皇の北陸巡幸に際し憂国の建白を試み叱責されるなど挫折をくり返した末発狂し,座敷牢内で没した。<参考文献>北小路健『続木曾路文献の旅』,同『夜明け前探究』

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

島崎正樹の関連キーワードナンバースクールチャールズ・ジーン・マリエ ルトゥルノー岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグペドロクールノサボイア家ゴローブニンジョードン

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone