島村真潮(読み)しまむら ましお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村真潮 しまむら-ましお

?-1897 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家。
島村衛吉(えきち)の兄。土佐高知藩の郷士。武市瑞山(たけち-ずいざん)にしたがい,剣道修業のため九州を遊歴土佐勤王党にくわわるが,勤王党弾圧では連座をまぬかれる。戊辰(ぼしん)戦争に従軍し,功により留守居役となる。明治30年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android