島根・山持(ざんもち)遺跡(読み)しまねざんもちいせき

知恵蔵の解説

島根・山持(ざんもち)遺跡

2006年春以来の発掘調査で、8世紀後半〜9世紀初め(奈良〜平安時代)の珍しい「天女」図の板絵などが相次いで発見されている島根県出雲市の遺跡。板絵は長さ65.5cm、幅8.5cmの板に、頭上で髪を結い上げ、詰め襟仕立ての服装をした姿で墨書された女性図など4点。背後円形の「光背」のようなものを描いた女性図もある。いずれも唐風の服装だとの見方もある。裏面には人名らしい「立万」との書き入れもあった。また「部領倉長殿」「吉野」「黒丸」などの墨書があり、出勤簿と推定される行政文書らしい木簡も見つかった。ほかに「」「西家」などと墨書された土器、幅約3mの道路跡などが確認されている。未知の古代役所や宗教施設などとみられ、「最古の木彫神像」などが発見されている東約2kmの青木遺跡との関連も注目されている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android