コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木遺跡 あおきいせき

2件 の用語解説(青木遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あおきいせき【青木遺跡】

鳥取県米子市の南部,日野川とその支流の法勝寺川に挟まれた東西約1km,南北約700mの長者原台地にある遺跡群。1971‐77年に鳥取県教育委員会と米子市教育委員会が調査し,8地区の延べ10haの範囲から約1000基にのぼる遺構を検出した。遺構は大半が弥生~古墳時代のもので,弥生時代では中期中葉から始まる住居址が主体をなし,竪穴住居約60,平地掘立柱建物約90のほか,貯蔵穴,土坑墓,土器棺などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

あおきいせき【青木遺跡】


鳥取県米子市永江にある集落跡。日野川左岸の通称、長者原台地の北端部にある青木丘陵に営まれた、弥生時代中期から奈良時代にかけての集落跡を中心とする複合遺跡。約4万m2が1978年(昭和53)に国の史跡に指定された。古くから青木丘陵に多くの古墳があることは知られていたが、1971年(昭和46)からの宅地造成に先駆けての調査で、約40haの調査区域の全面から遺跡が発掘された。竪穴(たてあな)住居跡約130棟、掘立柱建物跡約240棟のほか、古墳や方形周溝墓、貯蔵穴、縄文時代の落とし穴などの遺構が多数発見された。また、土器や石器、金属器、玉類など各時代の生活用具と、古墳副葬品など数万点が出土した。とくに、集落跡は隣接する福市(ふくいち)遺跡とともに、山陰地方を代表するものである。現在一部が公有化され、史跡公園として整備されている。JR山陰本線米子駅から日ノ丸バス「団地西口」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青木遺跡の関連キーワード鳥取県米子市青木鳥取県米子市泉鳥取県米子市内町鳥取県米子市尾高鳥取県米子市車尾鳥取県米子市新開鳥取県米子市永江鳥取県米子市中町鳥取県米子市日野町鳥取県米子市福市