コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津華山 しまづ かざん

1件 の用語解説(島津華山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津華山 しまづ-かざん

1738-1794 江戸時代中期-後期の儒者。
元文3年生まれ。はじめ医学をまなび,のち竜草廬(りゅう-そうろ)に儒学をまなぶ。阿波(あわ)(徳島県)平島の足利義宣にまねかれ,義宣の子義根をおしえた。寛政6年7月23日死去。57歳。京都出身。名は義張。字(あざな)は琴玉。通称は左馬助。著作に「讃海詩刪」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津華山の関連キーワード松前広長鳥羽屋里長(初代)ハイドン(年譜)葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽静岡市中心商店街の総通行量井上通加舎白雄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone