コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎山利兵衛 さきやま りへえ

1件 の用語解説(崎山利兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

崎山利兵衛 さきやま-りへえ

1797-1875 江戸後期-明治時代の陶工。
寛政9年生まれ。紀伊(きい)有田郡(和歌山県)の人。海部郡(あまぐん)宇須で高松窯をひらく。文政10年和歌山藩の許可をえて,郷里に男山(おとこやま)焼の窯をひらき経営にあたる。藩主徳川治宝(はるとみ)のあつい保護をうけた。明治8年2月死去。79歳。養子が2代をつぐが,明治11年廃窯。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

崎山利兵衛の関連キーワード蔀関月ライエルライエルライエル本願寺ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone