崔鳴吉(読み)さいめいきつ(英語表記)Ch‘oe Myŏng‐gil

世界大百科事典 第2版の解説

さいめいきつ【崔鳴吉 Ch‘oe Myŏng‐gil】

1568‐1647
朝鮮,李朝の文臣,儒者。字は子謙。号は遅川,滄浪。全州の人。文科に及第後,趙翼,張維らと交遊,学問に励み陽明学をも研究した。西人派に属して光海君を追放し,金らと仁祖を迎立,以後要職を歴任。後金(清)の侵入時には,洪翼漢などの斥和論に対して,現実重視の主和論を唱え,清に降服条件を打診するなど講和を主導した。文章に優れ,董其昌体の書をよくした。著書に《遅川集》などがある。諡号(しごう)は文忠。【山内 弘一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android