コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔鳴吉 さいめいきつ Ch‘oe Myŏng‐gil

1件 の用語解説(崔鳴吉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいめいきつ【崔鳴吉 Ch‘oe Myŏng‐gil】

1568‐1647
朝鮮,李朝の文臣,儒者。字は子謙。号は遅川,滄浪。全州の人。文科に及第後,趙翼,張維らと交遊,学問に励み陽明学をも研究した。西人派に属して光海君を追放し,金らと仁祖を迎立,以後要職を歴任。後金(清)の侵入時には,洪翼漢などの斥和論に対して,現実重視の主和論を唱え,清に降服条件を打診するなど講和を主導した。文章に優れ,董其昌体の書をよくした。著書に《遅川集》などがある。諡号(しごう)は文忠。【山内 弘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

崔鳴吉の関連キーワード李霆沢野文臣高麗茶碗鄭麟趾李氏朝鮮李朝李朝実録朝鮮通信使文臣洪万植

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone