コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滄浪/蒼浪 ソウロウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ろう〔サウラウ〕【×滄浪/×蒼浪】

あおあおとした波。蒼波(そうは)。
「―の水の上、夜伽(よとぎ)に雁鴎の傍近く来るも可笑(おか)しく」〈露伴・新浦島〉
(滄浪)川の名。中国湖北省を流れる漢水の一部の異称という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

滄浪/蒼浪の関連キーワード滄浪の水清まば以て我が纓を濯うべし東京都小金井市貫井南町神奈川県小田原市本町詩に別才有り蘇州古典園林詩に別才あり大磯[町]安藤真之助大明湖公園上田楠次柏淵蛙亭入江南溟武政守山田辺石庵滄浪詩話国島筈斎坪井信道東皐琴譜六一詩話岡井嵰州

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android