コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崢嶸 ソウコウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐こう〔サウクワウ〕【××嶸】

[名]
山や谷のけわしさ。
「険は―を排するに似たり」〈東海散士佳人之奇遇
人生のけわしさ。
「人情反覆せる世路―の中にて」〈蘇峰・近来流行の政治小説を評す〉
[ト・タル][文][形動タリ]山などが、高くけわしいさま。
「―たる一峯が」〈漱石草枕

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうこう【崢嶸】

( トタル ) [文] 形動タリ 
山が高く険しい・こと(さま)。 「 -たる絶頂は四峯を成して/不二の高根 麗水
人生の苦難に満ちている・こと(さま)。 「世路の-を慰むるもの/美術の翫賞

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

崢嶸の関連キーワードトタル世路

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android