崢嶸(読み)ソウコウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐こう〔サウクワウ〕【××嶸】

[名]
山や谷のけわしさ。
「険は―を排するに似たり」〈東海散士佳人之奇遇
人生のけわしさ。
「人情反覆せる世路―の中にて」〈蘇峰・近来流行の政治小説を評す〉
[ト・タル][文][形動タリ]山などが、高くけわしいさま。
「―たる一峯が」〈漱石草枕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうこう【崢嶸】

( トタル ) [文] 形動タリ 
山が高く険しい・こと(さま)。 「 -たる絶頂は四峯を成して/不二の高根 麗水
人生の苦難に満ちている・こと(さま)。 「世路の-を慰むるもの/美術の翫賞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐こう サウクヮウ【崢嶸】

〘名〙 (形動タリ)
① 山などが高くけわしいさま。
※経国集(827)一四・奉和清涼殿画壁山水歌〈菅原清公〉「崢嶸険澗雁字連、三江淼々尋間近」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一三「見上げる半空には崢嶸たる一峯が半腹から微かに春の雲を吐いて居る」 〔司馬相如‐上林賦〕
② 歳月の積み重なるさま。
※宝覚真空禅師録(1346)坤・与月山記室「銘佩良深、即日歳月崢嶸、氷雪載道」 〔鮑照‐舞鶴賦〕
③ 人生のけわしいこと。また、そのさま。
※近来流行の政治小説を評す(1887)〈徳富蘇峰〉二「人情反覆せる世路崢嶸の中にて」
④ 深遠なさま。深いさま。
※淡窓詩話(19C中)下「杜の諸将五首、議論崢嶸、而して理屈に陥らず」 〔揚雄‐甘泉賦〕
⑤ 寒さのきびしいさま。
※柳北詩鈔(1894)二・九月二十日率兵馬発太田営帰江城有感而賦「今日捄築功已峻、牙帳轅門気崢嶸」 〔羅隠‐雪霽詩〕
⑥ 才能の優れているさま。〔杜荀鶴‐送李鐔遊新安詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android