嵯峨丸太(読み)サガマルタ

大辞林 第三版の解説

さがまるた【嵯峨丸太】

丹波地方で産し、大堰おおい川へ筏いかだに組んで流し、嵯峨付近で陸揚げした丸太。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さが‐まるた【嵯峨丸太】

〘名〙
① 京都嵯峨で陸揚げされた丹波産の丸太。丹波の奥山で切り出された丸太を筏(いかだ)に組んで大堰川(おおいがわ)に流し、その沿岸である嵯峨で陸揚げしたところからいう。
※俳諧・桜川(1674)夏「蚊はしらのたつやうき世の嵯峨丸太〈為勝〉」
② (尼は色恋になれていないで堅いところから) 京都嵯峨の尼。また、売春をする尼のこと。
※雑俳・尚歯会(1722)「正法にげに節木(ふし)なき嵯峨丸太」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android