コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶄然 ザンゼン

デジタル大辞泉の解説

ざん‐ぜん【×嶄然】

[ト・タル][文][形動タリ]《「嶄」は高く険しい意》一段高くぬきんでているさま。ひときわ目立つさま。
「連山の一角―として遥かに他山の上に秀で」〈服部誠一訳・春窓綺話〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんぜん【嶄然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
他より一段と高くそびえるさま。 「 -たる一片の石壁/明六雑誌 4
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

嶄然の関連キーワード内田五観トタル石壁

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android