川俣英夫(読み)かわまた ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川俣英夫 かわまた-ひでお

1856-1924 明治-大正時代の医師,教育者。
安政3年4月8日生まれ。警視庁警察医などののち,明治32年栃木県会議員。33年生地烏山(からすやま)町に川俣病院を創設,38年烏山町長。40年の烏山学館(現烏山高)の設立にくわわり,館長となった。大正13年1月23日死去。69歳。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android