コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎孫四郎 かわさき まごしろう

1件 の用語解説(川崎孫四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎孫四郎 かわさき-まごしろう

1827-1860 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政10年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)北部郡奉行高橋多一郎配下の郡吏となる。大老井伊直弼(なおすけ)をたおし大坂で挙兵する計画を高橋ら同志とたて大坂へいく。画策中に桜田門外の変がおこり,幕府側に追いつめられて万延元年3月23日自殺をはかり,24日死去。34歳。常陸出身。名は健幹。通称ははじめ健蔵。変名は篠崎源太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川崎孫四郎の関連キーワードマキシモヴィッチ万延カニング冬の旅ナバリノの海戦カニングゴーブル酒井忠績佐藤尚中中浜万次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone