コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎徹 かわさき とおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎徹 かわさき-とおる

1948- 昭和後期-平成時代のコピーライター。
昭和23年1月2日生まれ。電通映画社勤務をへて,昭和54年フリーとなる。57年マザースを設立。代表作高見山を起用した「トランザム」など。また「それなりに」「おもしろまじめ」などが流行語となる。タレントとして活躍し,小説,エッセイも手がける。東京出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川崎徹の関連キーワードコピーライター風来忍法帖魚住勉昭和

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川崎徹の関連情報