コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎権太夫 かわさき ごんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎権太夫 かわさき-ごんだゆう

?-? 室町時代の神職。
陸奥(むつ)津軽鼻和郡如来瀬(青森県岩木町)の人。雨期になると(せき)が崩壊して被害にくるしむ岩木川左岸の村々のため,文明(1469-87)のころ白馬にのって水中にはいり,杭(くい)止めの人柱となったという。以降水害はおさまり,堰神としてまつられている。一説には江戸時代前期の元和(げんな)(1615-24)のころの人ともいわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川崎権太夫の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android