コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川瀬太宰 かわせ だざい

2件 の用語解説(川瀬太宰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川瀬太宰 かわせ-だざい

1819-1866 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)膳所藩家老戸田資能の子。嘉永(かえい)6年(1853)ペリーが来航すると海防が急務であることを藩主に提言。諸藩の尊攘派を援助する。慶応元年捕らえられ,2年6月7日斬罪(ざんざい)となった。48歳。名は定。字(あざな)は静甫。号は狂葊。姓は河瀬ともかく。著作に「日影表」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川瀬太宰
かわせだざい
(1819―1866)

江戸後期の志士。諱(いみな)は定、字(あざな)を静甫(せいほ)、号を狂(きょうあん)と称した。近江(おうみ)国(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩家老戸田資能(すけよし)の子に生まれ、聖護院(しょうごいん)法親王家臣池田法眼(ほうげん)恭雄の養子となり、1850年(嘉永3)姓を川瀬に改めた。天文・地理の学に通じ、尊王論を藩主本多氏はじめ藩士に説くかたわら、諸藩の志士とも交遊して、妻の幸(こう)とともに同志を自邸にかくまったりした。64年(元治1)禁門の変にあたり壊走する長州藩士の救助を画策した。65年(慶応1)閏(うるう)5月新選組に捕らえられ、翌年京都で斬首(ざんしゅ)された。逮捕のとき幸は自刃した。著書に『日影表』『江州常図』『辺海築城議』など。夫妻の墓は大津市の池田家墓地にある。[藤田恒春]
『『近江人物志』(1917・滋賀県教育会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川瀬太宰の関連キーワード尊攘伊藤惣兵衛勝野森之介上岡胆治川勝寛治河村文庵佐久間勝信千葉清宗三間半二有仁

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone