川田田福(読み)かわだ でんぷく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川田田福 かわだ-でんぷく

1721-1793 江戸時代中期の俳人。
享保(きょうほう)6年生まれ。京都の呉服商。はじめ貞門系の福田練石,のち与謝蕪村(よさ-ぶそん)の門にはいる。蕪村の高弟として「蕪村句集」の跋(ばつ)を執筆。寛政5年5月6日死去。73歳。名は維鱗。字は奮郷。通称は井筒屋庄兵衛。著作に「丙午月並句集」(共著)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android