ばつ(読み)バツ

デジタル大辞泉の解説

ばつ

《「罰点(ばってん)」からか》不可や伏せ字などを示す「×」の印。ペケ。「ばつをつける」

ばつ

《「場都合」の略、または「跋」と同語源という》
その場のぐあい・調子。
「見方によって、好い都合にもなり、又悪い―にもなる此機会は」〈漱石明暗
つじつま。→ばつを合わせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばつ

〔「場都合」の略かという〕
その場の具合・調子。
(話の)つじつま。

ばつ

〔「罰点」から生じた語か〕
誤り・不可などの意や、伏せ字を表すのに用いる「×」のしるし。 「 ○ -式の問題」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばつ

〘名〙 (「ばつ(跋)」と同語源か。「ばつごう(場都合)」の略ともいう)
① その場のぐあい。調子。都合。
※落語・弁天詣り(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「然(さ)う為(す)りゃア私も余程都合(バツ)が好いんでげして」
② つじつま。筋道。
※和泉屋染物店(1911)〈木下杢太郎〉「まあかう謹慎してゐないと跋(バツ)が合はないんですもの」

ばつ

〘名〙 (「ばってん(点)」からできた語か) 誤り・不可・否定の意や、伏せ字などを示す「×」のしるし。ぺけ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ばつの関連情報