コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡回セールスマン問題 ジュンカイセールスマンモンダイ

デジタル大辞泉の解説

じゅんかいセールスマン‐もんだい〔ジユンクワイ‐〕【巡回セールスマン問題】

あるセールスマンが複数の都市を一度ずつ訪れるとき、どのような順番で巡回すれば総移動時間(移動距離または交通費)を最小にできるかを問う問題グラフ理論の有名な問題の一つであり、都市(ノード)の数が大きくなると計算量が爆発的に増えることが知られている。同種の問題は、荷物の配送や集積回路配線などに応用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の巡回セールスマン問題の言及

【ニューラルコンピューティング】より

…各極小値に対応するネットワークの状態を想起パターンと考えれば,自己想起型連想記憶のモデルとなる。さらにホップフィールドらは,このモデルを計算論的にNP-困難な巡回セールスマン問題に適用し,組合せ最適化問題のヒューリスティック解法として有効性を示唆した。組合せ最適化問題においては,図2の点A,Bのような局所最適解への収束を避けてCのような大局最適解もしくはそのよい近似解を得ることが求められる。…

【アルゴリズム】より

…なお〈データ数が小さいときやすでにほとんど小さい順になっている場合は直接挿入法が速く,そうでなければ併合法の方が速い〉とか〈平均計算量はクイック法,最大計算量はヒープ法の方が小さい〉ということがあるので,方法の選択には注意が要る。 都市の間の交通網と都市間の移動経費がわかっているとき,〈すべての都市を巡回する経費最小の経路を求めよ〉という〈巡回セールスマン問題〉はひじょうにむずかしく,都市数nがふえると〈計算時間の爆発〉が起こり,現実的な時間内には最適解を求められないことがある。そこで最適解を求める代わりに,それに近い〈近似解〉を求める〈近似解法〉が研究され,数万を超える都市についてよい解が得られたとの報告がある。…

※「巡回セールスマン問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巡回セールスマン問題の関連キーワード遺伝的アルゴリズム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巡回セールスマン問題の関連情報