工匠歌人(読み)こうしょうかじん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工匠歌人
こうしょうかじん
Meistersinger

ワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』で知られるマイスタージンガーの訳語。職匠歌人とも訳す。15世紀後半から16世紀にかけてニュルンベルク、マインツ、シュトラスブルクなどドイツ諸都市で栄えた文学運動「工匠歌」の担い手。靴屋、金細工師、仕立屋など手工業者が詩歌研鑽(けんさん)のためツンフト(同業組合)としての歌学校を組織、その正式メンバーが工匠歌人である。現代風にいえば詩人、作曲家、独唱家と一人三役を兼ねるシンガー・ソングライター。14世紀から19世紀に至る伝統のなかで代表的工匠歌人をあげれば、初期のフラウエンロープFrauenlob(1318没)、中期の改革者フォルツHans Folz(1435/40―1513)、全盛期を築くザックスHans Sachs(1494―1576)らがいる。彼らの世界は厳しいヒエラルキー(階級制)の社会で、まず工匠歌のマイスター(師)に弟子入りし歌学校の門人となる。続いて専門の歌手、既存のメロディに歌詞をつける詩人の段階を経て、厳しい試験にパスするとやっと一人前の工匠歌人になる。詩と旋律の自作が前提条件で、タブラトゥーアと称する厳しい減点法による試験風景は、前記ワーグナーの楽劇第1幕第3場に描かれている。[藤代幸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の工匠歌人の言及

【マイスタージンガー】より

…ドイツの中世都市で盛んになった文芸・音楽運動を担った詩人・歌人の呼称で,日本では〈職匠歌人〉〈工匠歌人〉とか〈名歌手〉と訳されてきたが,最近では原語のまま使われることが多い。この語の基礎になっているマイスターザングMeistersang(またはマイスターゲザングMeistergesang),いわゆる職匠歌は,騎士階級を基盤にしたミンネザングに対してドイツ諸都市の勃興を背景に,靴屋,仕立屋,織匠,金細工師等が組合を組織し,作詩,作曲,詠唱にわたる総合芸術としてつくりあげていったものである。…

※「工匠歌人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android