コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工匠歌 こうしょうかMeistersang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工匠歌
こうしょうか
Meistersang

14~16世紀にドイツで栄えた市民文学。都市の職人が形式的にミンネザング (恋愛詩) を受継いでできたものであるが,内容や本質はまったく異なっている。すなわち,職人の親方 (マイスター) が厳格な規則と階級制度のもとで組合をつくり,定期的な会合を開き技を磨いて,宗教的,世俗的な素材を詩句につくり上げ,さらに比較的自由なリズムをつけたものである。 H.ザックスに代表される一群の歌人をマイスタージンガーという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

工匠歌の関連キーワードザックス(Hans Sachs、工匠歌人、劇作家)ドイツ演劇アイラー工匠歌人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android