工藤鉄三郎(読み)くどう てつさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

工藤鉄三郎 くどう-てつさぶろう

1882-1965 明治-昭和時代前期の大陸浪人,満州国官僚。
明治15年12月10日生まれ。中国にわたり,大正2年武漢革命軍に潜入し,のち清朝(しんちょう)復興運動にかかわる。満州国成立後は執政(のちに皇帝)愛新覚羅溥儀(あいしんかくら-ふぎ)の身辺をまもり,昭和16年執政府顧問。昭和40年12月18日死去。83歳。青森県出身。専修学校(現専修大)中退。別名は忠(ちゅう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android