コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左平 さへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左平 さへい

1763-1829 江戸時代後期の漂流民。
宝暦13年生まれ。陸奥(むつ)石巻(宮城県)の若宮丸乗組員。寛政5年仙台沖で遭難し,ロシア領に漂着イルクーツクに8年あまり滞在し,ペテルブルグで皇帝アレクサンドル1世に謁見。文化元年遣日ロシア使節レザノフにともなわれ津太夫ら同僚3人とともに南アメリカ南端をまわって長崎に帰着した。日本最初の世界周航者のひとり。文政12年4月12日死去。67歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

左平の関連キーワード左平次・左平治・左平二徳田 八十吉(1代目)林家 正蔵(6代目)赤穂浪士一覧居残り左平次吉田沢右衛門海軍操練所山本 留次一筋・一条左平太新田松平忠頼横井玉子川島雄三中川重興羽黒養潜植村政勝高元度平準署軍君

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左平の関連情報